ログイン:サイト登録は無料です。REGISTERからご登録ください。サイトの更新や、新しい記事などが自動的に登録メールに送信されます。

太極拳の思考連想法

 太極拳のおおまかな動きを全て習得したら、動き一つ一つに意味を描きながら、細部の動きを習得します。

 エナジーボールや、足首のストレッチの意味、筋肉の増強、目の動きなど、独自の思考法で習得します。

それにより細部の動きが思考と共に習得されます。

これにより、美しい太極拳の動きと、自然な動きが身に付きます。

細かな部分の動きが身に付くと、太極拳の心身への効果が増大します。全体の動きに沿いながら、細部の動きを調整します。

この細部の動きにイメージに加え、脚本を作成して意味づけを行っています。

演劇の表現のようなもので、大人の場合は、時間と空間の理念を太極論も取り入れて解説します。大人は子供にその解説を使って、一緒に子供達の興味を膨らませることが出来ます。親子での太極拳をお勧めします。家庭の中で子供達が覚えてきたイメージと動きに、両親の優しい導きを加えることで、子供達はより深い感受性を育て、家族との愛に心を豊かにします。

 この思考連想法は日本舞踊や能の精神に近いものです。

楊家太極拳の中心精神にも、意識を針のように通し、柔らかな綿のように演じると有ります。その精神の初歩を会得するものです。大人のストーリーは子供用のストーリーに現代太極思想に基づいた解釈を付け加えていますので、家庭などで練習を行うとき、子供に対して年齢に応じ親が子に指導できます。

大人の場合は空間と時間についてのイメージの意味を各細かい動きについて覚えます。

イメージという表現は結果です。そのイメージはなぜ生まれたか、それが原因です。

その原因を、太極拳という縁をもって表現するという。因果の法則を実現します。

これにより、物事の原因があって縁があって結果があるというつながりを太極拳の中で会得します。

実感として完全に会得すると共に、太極拳の細部の動きがスムーズに実現され、より美しい動きとなります。

花の種が土にまかれ(原因)

そして、太陽の光や水、土の栄養分、気候などの環境(縁)

により育てられ、花を咲かせる。(結果)

これが太極拳を演武しながら、感性として身につけるための修練です。ここで意味づけられた動きは、太極拳を演じるときの深みになります。深みを得た太極拳は自然の摂理、因果の法則に沿った動きとなり、これがないと太極拳の目指す、太極(全ての存在を包括するもの)への回帰を実現することは出来ません。

 子供の場合は、動きのイメージと共に、なぜその動きになるのかを、そのイメージに登場する生き物や物に心があるように表現し、その心が有って、太極拳がこの様に動いて、イメージとして表現できることを説明します。ピノキオや、不思議の国のアリス、美女と野獣に出てくる家具達、ディズニーのアニメなどに出てくる草花や、物のように全ての物に心があって、生きていることを太極拳を通じて細部の動きを心と共に覚えます。

子供達の感受性や、情操を育成します。子供達は、より深い興味を太極拳に覚えます。

AIDMAの法則のI(interest)興味の部分が、自然に対して知的に芽生えていきます。興味と共に太極拳の細部の動きと、その動きの心の部分とイメージの結びつきを心身で習得します。子供達がもっている本来の知的好奇心のエネルギーを太極拳で引き出します。

洞察力と想像力などを育て、内観(内観は一般的な反省のように罪悪感を持つことではなくて、原因を知って、その原因と縁があって結果があることを知って、原因を起こす自分と、縁である環境を新しく創造することで、より良い結果を得ることを理解すること:禅・心理学などでは内観法と言います)などによる自己創造力を自然に育てます。

. . . → Read More: 太極拳の思考連想法

太極拳のイメージストーリーの効用

太極拳の套路を行うときのイメージストーリーを制作しました。(85式用)

イメージストーリーは自然と人間、宇宙と、地球などをテーマに展開しています。感受性や本来の人間の優しい心を育みます。

大人のストーリーは子供用のストーリーに現代太極思想に基づいた解釈を付け加えていますので、家庭などで練習を行うとき、子供に対して年齢に応じ親が子に指導できます。

演劇の表現のようなもので、大人の場合は、時間と空間の理念を太極論も取り入れて解説します。

大人は子供にその解説を使って、一緒に子供達の興味を膨らませることが出来ます。

親子での太極拳をお勧めします。家庭の中で子供達が覚えてきたイメージと動きに、両親の優しい導きを加えることで、子供達はより深い感受性を育て、家族との愛に心を豊かにします。

龍と人間と虎と鶴

イメージストーリーはこちら

作 若 林  政 樹

あらすじ

宇宙が生まれて、太陽や地球ができ、調和のとれた世界はいつも、宇宙の法則(自然の法則=太極の法則=陰と陽の相対性の法則)に守られていた。人間はその法則の元、陰陽社会を形成しその中で生き、その法則がどこから生まれてきたのかを知らないが為、陰と陽が対峙しせめぎ合いバランスを狂わせた。しかし、本来の人間はそのバランスを司るものと一体であり、それを思い出して、自然と同じように、龍と同じように、調和と一体の世界を創造した。

 ※平和な世界に人間がやってきて闇の世界を作ったが、実はその人問が新たな平和な世界の創造者と一体であることを思い出し、陰陽による支配の世界は終わり太極(陰と陽が一体=1と0)と無極(一体を生み出したエネルギーの場=無=0)の世界を知り究極の進化を逐げる物語。太極拳では、人間が現れるまでの世界の恒常性維持機能(ホメオスタシス=調和を維持しようとする機能)に基づき、生命体としての自然な陰陽世界の表現を、レベル3の気功太極拳までを行い、レベル2で太極思想(陰と隔は一体であるという考え)によりにより受容と気づきのレベルを意識的に、レベル1の瞑想太極拳でその太極(陰と陽)は何から生まれているのかを体感するためのストーリー構成になっている。

解説

宇宙のできあがりから、地球の生命まで
宇宙が何もない無からビックパーンでできあがった一その不思議な力の源が無極。そこからエネルギーが生まれそのエネルギーが太極を造り,地球を造り、動きを与えた。その無極のエネルギー(陰と陽を生み出すもの)の象徴が龍。龍は、弛球に向かう。地球にも無極のエネルギーが平等に注ぐイメージ。「沼に鶴がいる。沼は生命の象徴。鶴は地球の心。地球は生命の営みと共にあり、龍に象徴される、無極のエネルギーに生かされている。 第二節 傷ついた地球の心
鶴は傷ついているが、龍に象徴される無極のエネルギー(究極の愛)がそれを癒し、羽ばたかせる。それが龍の望みである。 第三節 傷ついた自然 鶴は山でけがをした。龍は山に向かう。山は社会の象徴。龍は虎を見て,荒れ果てた山を美しい山に戻す 龍のエネルギーで。世界中の山を。 第四節 よみがえった調和と生き生きとする自然 鶴は龍からのエネルギーを受け生命の沼に再び戻り、豊かな生命のエネルギーを生み出した。調和のとれた社会(山)は自然と調和し、地球が生命をはぐくむ姿を象徴。 その姿は。宇宙とも調和している。そして虎も、元気に走り出した。そして龍は竜巻を起こし て、至る所に日陰になる大きな樹を育て続けた。日向を見せるために(陰陽思想) 一一−ここまでは、人間が社会に君臨するまでの穏やかな過去の世界。 第五節 現れた人間 陰陽があるところに人間が現れるのは、陰と日向を見てその源(例えれば太陽を生み出したエネルギーの源)を知ることを表す,人間 は相対する世界を自然界に持ち込んで、社会(山)を形成し始め、とうとう山に塔を建てた。人間が社会に君臨するイメージ。 第六節 叩きのめされる自然 現在の社会システムが、自然の崩壊を起こし、危機的状況がわかっていても、まだその社会システムを再創造しきれず、まだまだ自然 (虎)を痛めつけている。虎の耳は自然の感受性を表していて、その感受性を人間が壊し、異常気象などを引き起こしている。 ーーーここまでは、人間が社会に君臨し、相対性(陰陽)世界で闇雲に生きてきた世界 ここからは太極を理解し、無極で生きる未来の世界 第七節 籠(宇宙の法則などと呼ばれる力)が介入して調和を取り戻す。 龍は今までと同じように、人間にも自然にも全てに平等に光を与えることで調和を取り戻す。龍は陰にいるものの邪気、日向にいるものの悲しみをかき消す。龍はそれでより大きな姿になるのは、人間が龍の姿すなわち、無極の力に注意を向け始めるイメージ。 第八節 籠はいよいよ人間は龍であることを示すが‥・ 人間の心は龍と同じであることを示すため、龍は人間に変身したが、人間は恐れおののいた。籠はその姿を見て、その恐れを理解し、 ゆっくりと後ずさりして、遠ざかる。これはカウンセリング理論で言われる受容である, 第九節 人間は地球を愛おしむとき・・・人間は気づく 人間は鶴(地球)と沼の光(生命)に目覚める。カウンセリング理論で言う気づきである。宇宙の法則(龍)に触れ始める。気づきの 浸透化。深い意識へ向かう。人間はそして社会の再創造に向かう。 第十節 人間の自立=・全てのものと一体で、その一部である姿 その人問を見ていた龍は、全ての人の心に自然が写るようにした。これが星になった虎。自然の心地よさを思い出した人間は、陰陽を 理解し、全てを再創造(反省のようなもの)し究極の愛を思い出した。その瞬間人間は龍と合体。それば、人間が本来龍と一体、宇宙 と一体であることを表す。その真実を胸に、浮かび来る情動(パッション)を意思(弓)として放ち、恐れも不安もなく真っ直ぐに道 を進んでいく、無極(陰も陽も存在しない=こだわりの一切無い場所)の精神で全てを受け入れ全てを愛し、山へ向かう。

. . . → Read More: 太極拳のイメージストーリーの効用

トランスパーソナル心理学

●1960年代末に起こってきた心理学/心理療法の潮流…アブラハム・マズロー「心理学の第四勢力」

●人間性心理学の発展形…自己実現だけでなく「自己超越」までを射程に収める心理学

●アメリカ社会のポストモダン化の流れの中から出現した学派であり、欧米社会の近代化過程の中から出現した超心理学とは歴史的背景が異なります。

自己超越=「個を超える」ということ

トランスパーソナルで言う「個」とはいわゆる「自我」(わたし)のことを指します。

自我意識に限定された「わたし」を超えるさまざまな意識の体験を総括して「トランスパーソナル」と呼びます。例「宇宙意識」「至高体験」「神秘体験」「宗教的回心(神などを信じるようになること)」等

自己やアイデンティティの感覚が、個人的なものを超えて、人類、生命、精神、宇宙のより広い諸側面を含むものへと広がる体験

トランスパーソナル心理学の研究

何らかの技法、例えば心理療法、瞑想、身体技法などを実践します。(瞑想太極拳など)

個別の実践における探求の成果を,普遍的合意にまで高めることを目標とします。

客観性と実証主義にもとづく知(狭義の科学)という側面よりも、間主観性と経験主義に基づく知という側面のほうに重点を多きます。(この点が超心理学とは異なります。)

意識のスペクトル

日常的な状態では、意識は自我レベル、または仮面(ペルソナ)-影のレベルに同一化しているが、実存レベル、超個(トランスパーソナル)レベル、心(MIND)のレベルと下降していくにつれて、アイデンティティの感覚は広がって行きます。すなわち、アイデンティティは宇宙をも超えて時間をも超えるという感覚であり、仏教では超時空と表現します。

意識が超個的帯域(Transpersonal Band)に同一化している時、さまざまな超心理現象が発生すると言われる(超個的帯域では、意識が身体全体にまで広がった実存のレベルと、意識が宇宙全体に同一化している心のレベルとの間にあり、意識が個体を超えて広がっています。瞑想太極拳などの想念レベルでの体験など。

意識のスペクトル-意識の深化

実存のレベルと心のレベルの間に、もっとも神秘的で誤解されやすく、一般に恐怖や当惑をもって受け止められる未踏のスペクトルの領域が横たわっています。これが超個の帯域です。この領域に踏み込むことこそが意識の深化と、心のレベルへの道への始まりなのです。

この帯域は「魂の闇夜」として体験されることもあれば、阿弥陀如来の無量寿光(宇宙に存在する意識のネットワークであり人類の集合意識そのものです。プラトンのアニマ・ムンディ(宇宙魂)ユングの集合的無意識がこれに相当します。

ここで人は、菩薩や天使のヴィジョンと出会うこともあれば、無数のマーラ(釈迦が悟りを開く禅定に入った時に、瞑想を妨げるために現れたとされる魔神)、すなわち元型(ユングの提唱)的な悪魔に囁きかけられる場合もあります。又逆に「内なる案内人」を発見したり、この識域に住む恐ろしい住人の手に落ちたりするのもここなのです。

又中には、アイデンティティが身体の外へと移行することもあります。

体は、すなわち身体である物質体(肉体)と、その生命を維持する生命体とも呼ばれるエーテル体で重層的に構成されています。エーテル体は、実体として捉えられた生命力でありオーラや気などと同一視されることもあります。

体は感覚を通して人間に色、形、香り、味、感触などを伝えます。

感覚から受け取られた世界は魂の中に表象として現われます。(般若心経=受)

魂内部の情動により表象は快・不快、共感、反感と結びついて経験されるのです。(想)

すなわち内的経験は身体の外にある、霊的な部分、アストラル体によって可能になるのです。 このアストラル体が唯識論などでは第九意識、又は純粋欲求、道教では無極などと表現されていますが、単純に魂と考えても良いでしょう。人間は魂に基づき動く、心、気、体と考えられます。

超個の帯域では、このアストラル領域にアイデンティティを連れ去られるここともあるでしょう。その時人はESP、透視、透聴といった超常現象が起こったり、「過去生」を再体験したり、未来の出来事に自らを投影したりするのもここなのです。この超個の帯域はこのように、あいまいな領域が存在する場所なのです。

超心理現象

LSD(幻覚剤)や気功導引法やヨガなどにある呼吸法ブリージング、又は瞑想太極拳などによって誘発される、宇宙との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴う編成意識状態を体験します。この体験は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われています。

その体験は精神や肉体が極限まで追い込まれた状態、瞑想や薬物の使用などによってもたらされるとされています。

変性意識状態に接近する際、個人は、日常的な意識を支えている自我が一時的に死を向かえ、トランスパーソナルな領域へと参入する一連の「死と再生」のプロセスをたどります。

意識が超個的帯域(Transpersonal Band)に同一化している時、さまざまな超心理現象が発生すると言われています。超個的帯域では、意識が身体全体にまで広がった実存のレベルと、意識が宇宙全体に同一化している心のレベルとの間にあり、意識が個体を超えて広がっています。

トランスパーソナルな領域は、個体を超えて広がる一種の意識の場であり、時間・空間というカテゴリーを超越しています。

脳を超えて

ときに、遡行がさらに先まで進み、祖先の生活の記憶を再体験したり、民族的・集合的無意識にふれたという否定しがたい感覚を抱くこともあります。また、たまにLSDの被験者が進化の系統を遡り、人類の祖先のさまざまな動物と同一化する体験を報告したり、前世の出来事を再体験しているという強い感覚を抱くこともあります。

宗教的な修行の過程が進行するにつれて、仏教の六神通、修験道の験力などのように、遠隔視やテレパシー的な体験が生じる場合があることは広く知られています。

トランスパーソナル体験を病理に還元する近代精神医学のモデルを離れて、「異常-正常-超正常」として再編する必要があります。LSDやマリファナの一時体験による世界理解

時間も空間も、常識的には客観的な世界の側の属性として考えられているが、PSI現象やトランスパーソナル体験を視野に入れると、時間・空間はともに一定の意識状態の属性として考え直す必要があります。それは、意識レベルに応じて、体験される時間性・空間性は変容するのです。

心の概念を拡大する必要性 . . . → Read More: トランスパーソナル心理学

トレーニング

自立健康支援プロジェクト

●心身トレーニング(日常生活スタイルや生き方、意識法の提案)

●ホメオスタシス理論(恒常性維持機能)とアーユルヴェーダ

●ホメオスタシス理論による行動バランス

●楽しく生きるための生活訓練法例

●一日の生活 12箇条

 

MRMトレーニング例

寂しさを抱き込むトレーニング

■理解:森羅万象と共に生きている・森羅万象に愛されている ■思考:寂しいと叫んでいるインナーチャイルドを見つけ認める 寂しいと叫んでいる、子供の頃のインナーチャイルドは大人になったその人が抱きしめてあげるしかない。私たちは大地の子、宇宙の子。それをその人が感じさせてあげるしかない。インナーチャイルドに。 ■実施:寂しさの極限を超えるビジョンクエスト・太極拳

インデアンのように宇宙に流れる音楽に身をゆだね、全てと一体でダンスを踊ります。その時には、その森羅万象の一部に人間という存在があるだけです。人間としては一人でダンスを踊っています。

太極拳もそうです。全く自分をこの世界でたった一人の人間だと感じれるところで、全てのものに愛されていることを思い出すと、新宿の雑踏の中でもその愛を感じ、大きなエネルギーを持つことができるのです。インディアンのビジョンクエストはそれを知るための儀式であり、太極拳でも瞑想太極拳はどの場所にいてもビジョンクエストと同じ意識をもてるための訓練です。

■ショート・ビジョンクエスト

ショート・ビジョンクエストでは山にこもるときテントは使いません。一人用のテントは安く売っていますが、本当はテントなど使わない方がいいでしょう。

寒い時期の防寒具は羽毛入りのスキーウェアーがお勧めです。

スキーウェアーの下にカシミアの下着と、セーターなど着こんで、顔を全部覆えるマフラーをもっていくと暖かいでしょう。しかし、少しぐらい寒い方が寂しさを体でも実感できるのです。暖めてくれる人はいないからです。そこで、とても、防寒具が愛おしく思えます。防寒具とお話ができるほどです。防寒具がなければ、落ち葉が暖めてあげるって言ってくれるでしょう。最後には土に埋もれてもいいよって土が言ってくれるはずです。裸で土に埋まるととても暖かいのです。

食べ物も一切もっていきません。ポカリスェットみたいな飲料をボトルでもっていくといいでしょう。3日間は何も食べません。トイレはその辺でいいのです、周りの自然はみんなは喜んでいるはずです。

そこでの3日間は本当に色々なことを思い出します。

それも、ゆっくりとした時間の中で膨大な再経験と再創造を繰り返し、その創造した自分が又、新たな経験をして、どんどん確信となっていくのです。

色々なスピリチュアルな本をたくさん読んだ人には、全てが実体験できる場になるでしょう。

本気でその体験をすると言うことを選択して、3日間新たな選択を思考の中で行い続けることが大切です。

3日後には、歓喜と共に森の中で宇宙の全てとダンスを踊る感覚になります。

心の中では、人間の言葉でない、森羅万象と通じる宇宙語で歌っているはずです。

他のみんな(森羅万象)と一緒に!!

Mother Nature’s . . . → Read More: トレーニング

メンター

メンター 地域活動の良き指導者となるメンターを養成します。

メンターとはギリシャの詩人ホメロスの書いた叙事詩『オデュッセイア』に登場する老賢人「メントル」からきた言葉です。

その意味は、賢明な人、信頼のおける助言者、師匠などで、一般には「成熟した年長者」をさす言葉として使われています。

メンタリングとはメンターが若年者や未熟練者(メンティー、プロテジェと呼ばれる)と、基本的には1対1で、継続的、定期的に交流し、信頼関係をつくりながら、メンティーの仕事や諸活動の支援と、精神的、人間的な成長を支援することをいいます。

専門家ではない”市民”が、メンティーの求めに応じて、必要な助言、支援、教育などを行います。太極拳などで健康な心身を養い、カウンセリング理論に基づく、必要な仕組みを理解すれば、経験豊かな高齢者の方で有れば殆どの方がメンターになることができます。

 地域社会運動としてのメンタリング

地域問題や児童虐待、家庭問題や犯罪/非行、学業不振、暴力、薬物中毒、怠業、不登校などの青少年の健全育成・ヒューマン・サービス(教育や医療の分野)に関わる専門家のメンタリング

 メンター育成

・気功太極拳→瞑想太極拳による心身健康法とその理論 ・予防医学、健康生活スタイル・漢方医学など ・カウンセリング理論に基づくメンターズ・マニュアル

太極拳トレーナー

太極拳トレーナー養成

■自立厚生・自己確立のための太極拳のトレーナーを養成します。

CONSIDERATION INDUSTRY=意識産業

社会の欲求と、人間の欲求の進化過程

アメリカの著名な心理学者アブラハム・マズローの自己実現理論(欲求段階説)のとおり、社会の欲求の進化も、人間の欲求の進化と同じように、人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求である生理的欲求(Phyciological)で農業革命、そしてその保証や整備と保全を求める欲求である安全欲求(Safety)で産業革命、情報を共有するなどして、他人と関わりたい、ファッションや流行などのように他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求である親和欲求(Belonging)で情報革命、事業で成功して裕福になったり、成功や達成によって自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求である自我欲求で金融革命と時代は移り変わりってきました。金融革命は、今この世の中の中枢を凌駕し、今のこの世界を支配しています。

原始的欲求から高度な欲求へ進化し、意識産業時代を迎える事を予測する

 自分の能力・可能性を発揮し、創造的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求である自己実現欲求で自己実現を果たすと、人間としての生存ではなく、存在の根源である完全なる存在に戻りたいとする自己超越欲求に駆り立たれ、自己超越の域に達っする事の出来る意識に到達するための方法論を弁証したり、その方法を実践するツールを創造する、意識革命の時代を迎えようとしています。 ロックフェラー氏のように産業革命の到来を予測し、ビルゲイツ氏のように情報革命にいち早く参加したものは、その時代を担いました。 次の時代は人間の欲求に伴う意識革命を正確に把握し、その為の技術を知り、到来に備え技術を習得し、人・物・金を動かす力を備え、新産業にいち早く参加することで、次の時代の担い手となることができるのです。 次の時代のキーワードは平和と福祉です。情報産業時代のビルゲイツ氏達が身につけた技術や法則の様に、平和(自己超越)と福祉(自己実現)産業の担い手となるための技術法則が求められています。 そして、社会の中で、あらゆる時代、事象に人・物・金を自由自在に動かす事の出来るシステムが世の中に生み出されて生かされていきます。

意識産業時代を担う技術法則としてのセオリー

古来より西洋、東洋を問わず、自己の確立と自己超越を目指し、優れた社会を創造するための技術として錬金術が研究されていました。0セオリー(ゼロセオリー)は、西洋や東洋の賢者たちによって培われてきた理論や実践をベースにして、その普遍的理論をより探求し開発され完成されたものです。 錬金術とは、本来は卑金属を貴金属に変える方法としてイギリスの物理学者アイザック・ニュートンなどが没頭した研究であり、時代を経て金属に限らず、肉体や精神をより完全な存在に錬成する術として今は定着しています。 有名なところではハリーポッターにも登場した「賢者の石」(lapidis philosophorum)、そして、東洋では中国に渡り、仙人の不老不死と超能力を生み出す「錬丹術」となり、その哲学である道教から太極陰陽思想が生まれ、その思想と錬成術が楊式の太極拳と合体して育ち、そして、その思想の根源的なものである無極を発見する為の過程と訓練が集約されたものとして、架橋賢人などに伝わる瞑想太極拳として現在にその原点思想が生きています。 そして、その他のあらゆる宗教や哲学、心理学などの普遍性共通意識の研究により、自己の確立と自己超越を達成する理論と技術、それが意識産業時代の錬金術、0セオリーです。 . . . → Read More: CONSIDERATION INDUSTRY=意識産業

ストレスと心身調整

ストレスに対しては、呼吸法やヨガ、太極拳といった、自律訓練法、バイオフィードバックが有効です。

又、栄養からは、ストレスのある脳に対しての栄養としてビタミンB1,B2,B6,B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどのビタミン群や、脳のエネルギー源糖の代謝を促進する豚肉やうなぎなどのB1、そしてリラックスに欠かせないセロトニンを作る材料であるB6はにんにく、バナナに含まれ、さらに脳の神経伝達細胞を作成するカルシウムも一緒に取るとよいでしょう。